Joint-Force(ジョイントフォース株式会社)のWEBやらマーケティングやらのあれこれを綴るブログです

神奈川県横浜市のWEBマーケティング&制作会社ジョイントフォース株式会社が、マーケティングやWEBのお役立ち情報、従業員の日常をこつこつと発信するブログコンテンツになります。https://joint-force.co.jp/

技術ある建設業はホームページ制作&WEB活用をしないと損をするという話

技術ある建設業はホームページ制作&WEB活用をしないと損をするという話

うちは建設業、製造業だからインターネットの世界なんて関係ない!!そんな企業さまはとても損しています!!

うちは建設業、製造業だからインターネットの世界なんて関係ない!!そんな企業さまはとても損しています!!

技術のある建設業や製造業の企業さまは、WEB活用を絶対にやってほしいと思っています。
それは何故か?日本人の持つ技術力をPRすることで得るものがとても大きいからです。

日本の建設業界では、総合建設会社(ゼネコン)が頂点に立ってます。
「建設会社」と、一般の方が浮かべるイメージとしてはこのゼネコンが真っ先に上がると思います。
ゼネコンは、元請け業者として発注者(施主)から土木や建築工事を引き受け、設計・施工計画の立案、工程管理など全般を取り仕切る存在です。

ただ、実際に工事を行うのは下請け業者が一般的です。

ゼネコンの下請け企業として、電気工事、空調設備工事、水道工事、機械設備工事などを請け負う設備会社や、解体業、鳶・土工、舗装工事業、大工、左官、塗装業といった専門工事会社が、分業しつつも力を合わせて工事に取り組んでいます。

他にも埋め立て工事、港湾工事などの海洋土木工事や、ハウスメーカー、リフォーム会社、設計事務所などの一般住宅を取り扱う企業もあり、多岐に渡ります。

建設や製造を問わず「メイドインジャパン」ブランドとして、日本の技術が世界を席巻していた時代がありましたが、それを支えていたのが各下請け会社です。

道路、空港、ダム、水道、トンネル、橋など、社会インフラをを支え、それら基礎の上に一戸建て住宅やマンションといった居住用建物、店舗、ビルや工場といった事業用建物を建てる。
建設や製造の仕事は、さまざまな技術者や職人が集まり力を合わせ、日本社会の根幹を支えています。

(ちなみに余談ですが、法隆寺(607年建立)の造営に携わった金剛組大阪府)は、聖徳太子百済から招いた宮大工が578年に創業した建設会社。
匠の技を持つ世界最古の企業と言われています。)

そうした匠の技を持った企業こそWEBを活用して欲しいと考えております。

うちなんてホームページを作っても意味ないよ!!

うちなんてホームページを作っても意味ないよ!!

「大きな会社はWEBに力を入れることが出来ているけど、それは資金力があるからでしょ?」
「いやーうちなんて、そんな大したことやってないよ。」
そうおっしゃる企業さまもいます。

しかし、地方の町工場で作っている小さな部品が、車や飛行機、ロケットや精密機械の部品になっていたりと(下町ロケットが流行りましたね)、日本の経済を一番下で支えている企業こそ活用の余地があると思います。

ある企業さまのホームページ制作をする際に市場調査の一環で、取引先企業さまにヒアリングを行ったことがあります。
その時に取引先企業さまが、

「いやーこれで○○さん(クライアント会社名)のところも販売網が拡がるね」

とおっしゃったのです。

その言葉の意味とは?こういうことでした。

「新商品を製造する際に、多数の部品を吟味して自社製品に活かせるかリサーチをするんだけど、そういう部品は大企業だと大ロットからじゃないと仕入れられないんですよ。ただ○○さんのところは試作品や、小ロットからの注文もOKだったんです。だから取引が始まったんだけど、ホームページがあれば今後他の企業さんも自社ニーズに沿った取引先がいないかをネットで検索する。そうすれば○○さんのところに行きつくでしょ?」

もう分かりますね。

自社の技術力や商品、サービスをしっかりとWEB上に発信しておかないと、「インターネットで検索する人」つまり見込み顧客に応えられません。

人手不足が叫ばれる今の時代だからこそWEB活用をするべき

人手不足が叫ばれる今の時代だからこそWEB活用をするべき

建設業や製造業は採用活動に苦労しているところが多いです。

人手不足の要因の一つは、若者が建設業界、製造業界に興味を持っていないことです。
若者に興味を持ってもらうために、若者の業界に対するイメージを改善することが求められます。

たとえば、「ゲンバ男子」というサイトをご存じでしょうか?
ゲンバ男子の内容は、中小建設業、製造業の現場で活躍する人材の頑張っている姿を撮影し掲載しています。

写真を見れば分かりますが、撮影にもこだわり、「モノづくりってカッコイイ」というイメージアップ戦略をおこなっています。
建設現場でじっさいに働く姿をWEB上で見せることよって、普段交わることのない建設業や製造業との接点をつくることが可能になります。

メイドインジャパン」を絶やさないためにも

「メイドインジャパン」を絶やさないためにも

WEBってよく分からない、それだけの理由で無限の可能性を絶つことはとても残念です。
建設業、製造業の企業様こそ、

今まで培ってきた技術を絶やさないために
日本の社会を盛り上げるために

WEBの活用は本当に有効だということを、考えていただきたいと想う今日この頃でした。

マーケティングから考えるWEB制作、ジョイントフォース株式会社!!

盲腸!?いえ〇〇〇〇です どうやら秋が訪れたようです

こんにちは。木曜担当のWです。
僕の担当部署は〔ガヤ〕です。いつも社内で、あーでもない。こーでもない。と、根拠のない、思い込みの発言をしています。

自分のその時の旬な事柄を綴っていきたいと思います。

先日、わき腹が痛くなったんです。
右のあばら骨の下あたり。
押さえると「痛っ!」って感じ。
「え~っ!なんの病気~?」って思い、ネットで検索したんです。
そしたら、心配している私の感情を弄ぶかのように、恐怖を煽る記事がわんさか!

「位置的に盲腸じゃないし、胆のうでもないし・・・」
良く解らないので、食事を24時間抜きました(これも根拠なし!)
そしたら・・・・
痛み、無くなりましたー!!

結論=単なる食べ過ぎで、肝臓に負担がかかっていたようです(当然、根拠はない)

ハンバーガー!!

最近、食欲旺盛で、冬眠前の熊みたいに食べていたんです。異常なほど。。。
良い機会だから調べてみました、肥満にまつわる病気について。

肥満に関連するであろう病気、たくさんありますね~

僕たちの体は、筋肉と骨で支えられています。
高尿酸血症痛風脂肪肝睡眠時無呼吸症候群、突然死!?
その他、心筋梗塞脳卒中など、いくらでも出てきます。
調べれば調べるほど「肥満は悪です!」とマインドコントロールされます。
(事実、そうなのかも知れませんが)

肥満!!メタボ!!

 

そんな中、月曜担当のMさんと、
「痩せてる人や健康意識の高い人って、病気で死ぬこと多いよね。しかも若い時に・・・」
(因みにMさんも、根拠は関係ない人です。自分の経験値がすべてです)

まぁあれですよ。サバンナの真ん中で、食べられる時にガッツリ食う!それですよ。
彼らは食べたい時にコンビニで食べ物を買えないですから。
僕もそれです。そういうことにします。(Mさんを参考に自己都合解釈!)
美味しいモノを食べるのって、最高に幸せな時間なんですよ~

皆さんの至福の時(事)って何ですか?
過度な至福は、多くの犠牲を伴います。
くれぐれもご自愛ください。

マーケティングから考えるWEB制作、ジョイントフォース株式会社!!

マーケティングファネル(漏斗)てなにそれ?おいしいの?

マーケティングファネル(漏斗)てなにそれ?おいしいの?

ども!水曜ブログ担当のHです。

今回は趣向を変えていきます。
本記事のテーマは…

マーケティングファネル(漏斗)てなに?
(全然海関係ないです。)

お客様がどうやって知って・どう興味をもって・どうしようかな?て考えて・よっし!決めたっていう流れですね!

漏斗にまたがって空を飛ぶ薬剤師少女 漏斗にまたがって空を飛ぶ薬剤師少女
※漏斗でフリー画像を検索したら上記が出てきました。

マーケティングファネル!!で、一体それが何なの?

ファネルとは日本語で漏斗(漏斗)。
施策を打つためにはどの層にターゲットを選定するか、いかにふるいにかけるか、が重要になってきます。

これを知る事でお客様が購入・申込までの道筋を表せて、問題点・優先して取り組む課題などを見つける
事が出来るんですね。
マーケティングの施策を分析するために欠かせない考え方になります。

ファネル分析こそマーケティングの基本です。
しっかりとどこの段階のお客様に対し、どのような施策を打つべきなのかを明確にししてくれます。

ファネルには大きく分けて3通りの考え方があります。

◆パーチェスファネル

「パーチェス(purchase)」は「購入・購買」という意味、「ファネル(funnel)」は「漏斗(ろうと」という意味です。
消費行動の流れを図式したもので、認知⇒興味・関心⇒比較・検討⇒購入・申込

WEB上で表現するならば、商品検索⇒商品の詳細・説明の閲覧⇒カートに入れる⇒購入 となります。
ユーザーのコンバージョンに対しての設定です。

ファネル図形

◆インフルエンスファネル

パーチェスファネルの逆バージョンですが、コンバージョン後にユーザーがどのような行動をとるかを分析した
ファネルです。
ユーザー発信⇒お気に入りになる⇒継続する⇒購入となります。
誰かの発信などで商品が拡散されてコンバージョンの例です。

ユーザーの行動を考える

◆ダブルファネル

パーチェスファネル・インフルエンスファネルを組み合わせ、もっと大きな効果を生み出そうとする考えです。
BtoBの場面では一般的的です。 BtoBでの取引は継続的な顧客をどれだけ獲得するか、リピーターとして長期取引をしてもらうかが、とても大切になるためダブルファネルが主流になってきています。

マーケティングについて考えましょう

web上でのデジタルマーケティングでも同じ考え方です。
アクセス数を増やしたい・PV数を伸ばしたい・コンバージョン率を上げたいなど施策を打つ手段になります。
弊社でもホームページを解析してマーケティングファネルの考え方で問題点を分析して改善の提案をしています。

ご興味のある方はお問い合わせ頂ければHがサーフィンに例えてファネルについて説明いたします…

マーケティングから考えるWEB制作、ジョイントフォース株式会社!!

悪事を働かなくてもお金は稼げる。

悪事を働かなくてもお金は稼げる。

———————————————————————————-
報道により、各地が台風による暴風、大雨で被害が甚大とのこと、ただただ驚くばかりです。
皆様のご様子はいかがかと、一同案じております。

一日も早いご復興をお祈りしております。

取り急ぎ、お見舞い申し上げます。
———————————————————————————-

どうも、Yです。

今回のテーマは、表題の「悪事を働かなくてもお金は稼げる。」についてお話していきたいと思います。

「Googleが掲げる10の事実」 の6番目にあたるのですが、ご存知でない方もいらっしゃると思いますので・・・。
先ず「Googleが掲げる10の事実」とは、Googleの経営理念の事です。
この理念に基づいて「Google」は運営されています。
では、「悪事を働かなくてもお金は稼げる。」とはどういうことでしょうか?

まずGoogleは自社を「広告によって利益を得ている営利企業である」と宣言しています。
その上で、「検索順位はお金では買えません」「有料広告に対して広告と明記します」としています。
これはどういった意味が含まれているのでしょうか?

Google創設者ラリー・ペイジは本当に質の良いコンテンツを提供したいという理念を持っています。
その為、ユーザーが検索したワードに対して優良なサイトから上位に表示させるようなアルゴリズムを大事にしています。
その優良なサイトは、常に広告を意識したものではないと考えている為、お金で操作された検索順位ではユーザーに対して本当に良いものを提供できないと考えているため、有料広告には「この広告は有料で出されたものです」というレッテルを貼り付けて、「Googleが真にユーザーの要望に応えているものではないですよ」と暗に訴えているのです。さらに広告もただ広告費を払えば表示されるものではなく、内容が伴っていることが前提となっています。

つまり、お金の力だけでは情報操作されないという意思表示なのです。
常にユーザーの事を考え、虚偽の情報ではなく、しっかりとした役に立つ情報を掲載することをGoogleは望んでいます。

一時期ステマステルスマーケティング)が問題視されましたが、これはまさにその一旦です。
ユーザーの目を欺いて出す広告と、しっかり真実を伝えるコンテンツではGoogleは後者を評価しています。
その積み重ねがGoogleの現在の栄光を物語っていると言えるでしょう。

「悪事を働かなくてもお金は稼げる。」
本当の意味でユーザーの支持を集めたいのであれば、ユーザーを大切にすることが重要になってくると言えます。
難しいことは専門家に任せることも重要です。企業はあくまで商品やサービスを提供することが仕事です。
ウェブにはウェブの専門家がいます。それは経済や労働環境の専門家がいるのと同様に、仕組みをしっかり理解しているものに頼るべきだと思います。

当社はウェブの仕組みを常に研究をしています。
もしわからないことがあれば、ぜひご相談ください。
「知らなかった」情報もたくさんご提供できます。
お気軽にお問合せ下さい。

それでは、また来週!

マーケティングから考えるWEB制作、ジョイントフォース株式会社!!

河野大臣のインターネット活用術にWEBマーケターもびっくり!!

皆さま、インターネットを活用している政治家さんといえば、誰を思い出すでしょうか? アメリカではRedditという掲示板サイトでオバマ前大統領が「オバマ大統領だけど、なにか質問ある?」と投稿をおこないネット上を賑わしていました。 また現アメリカ大統領トランプ氏はTwitterで数々の衝撃!?ツイートを投稿しています。 日本では「NHKをぶっ壊す!」のフレーズで有名な立花孝志氏が、YouTubeTwitterを駆使し、良くも悪くも世間を賑わしています。

受信料の取り立て

ただ、今回ご紹介するのはWEBマーケティング担当者なら誰しも?知っているであろう人物、河野太郎防衛相です。

河野大臣といえばTwitterエゴサ能力が高いことで有名です。 「エゴサ」とは「エゴサーチ」の略です。

例えば河野大臣が自分がどのようにTwitterで呟かれているかを調べたい場合、「河野大臣」「河野太郎」など関連するワードをTwitter検索することで、情報にリーチする手法です。

エゴサーチ

ただ上記のように任意のワードを打ち込むだけであれば誰でも出来る簡単な作業です。 河野大臣の特筆すべき能力というのは「エゴサのその先のリサーチ」にあります。

アスキーアートを発見!!

動画もなんのその!!

アスキーアートや動画では、ワード検索対象になりませんのでエゴサーチすることは不可能ではあります。 ただ河野大臣はそれすらも探しだしてしまうのです。 河野大臣はアメリカ留学中、大統領選挙対策である「Cranston for’84」にボランティアとして参加したり 富士ゼロックス株式会社入社後は、「ネットワークとマルチメディア技術を利用した在宅勤務及びサテライトオフィスの実験を担当」と、群衆心理の扱いとインターネットリテラシーの重要さというのを学生、民間時代から培っていたのかもしれませんが、それでも驚きです。 河野大臣公式サイトより引用 他にも画像を使用したこんなことでも

見事に探しだしてしまいます。 しまいには楽曲までエゴサーチ!!

なぜサーチできてしまうのかユーザーが質問しても

「念力」のひとことで終わらせてしまいます。 そんな力僕も欲しいです… ものすごいエゴサーチ WEBマーケティングを担当している身として、そのカラクリはなんとなく分かる気はしますが、その話はまた後日…(気になる方はお気軽にお問い合わせください!) 世間では「ステルス河野太郎チャレンジ」として多数のユーザーがチャレンジしています。 あなたも是非チャレンジしてみては?

マーケティングから考えるWEB制作、ジョイントフォース株式会社!!

「ホームページで売り上げを上げる」事に対して、本当にできるの!?と懐疑的なあなたへ綴る文章

「ホームページで売り上げを上げる」事に対して、本当にできるの!?と懐疑的なあなたへ綴る文章
木曜担当のWです。

 

本日は、ホームページの活用についてなんですが、
最近、「ホームページで売り上げを上げる」って事に、皆さんが懐疑的だと痛感しました。

ハッキリ断言します!

『ホームページで売り上げは上げれます!』

そう言うと、「コツコツやらなきゃダメんでしょ?」とか「たくさんお金がかかるんでしょ?」とか言われます。

コツコツもしなきゃいけません。
もちろんお金は掛かります。

しかし、よく考えてみてください。

商品やサービスを買ってもらうために、コツコツ何かをやってますよね?
どこのお客様に買ってもらおうか考えたり、あれこれ模索したり。

お金もかけてますよね?
広告を出したり、訪問するのに交通費を出したり、営業車を買ったり維持したり、営業マンを雇ったり・・・お金、掛かってますよね?

努力のパワーをかけるところを変えるだけです。

大変だね、営業マン。

例えば営業マンを雇います。
思った成果を上げられない場合、みなさんどうしますか?

指導しますよね?
その指導、しっかりとした根拠で指導してますか?
カンや経験や想定で指導していませんか?

そうじゃなければ問題ないです。
でもそうだとしたら・・・成果に結びつかないですよね。
たまたま成果があってもラッキーかも知れません。。。

営業マンの指導

ホームページを解析すれば、数字で状態が分かります。
その数字から分析をし、何をどうすればよいのかが分かります。

あとはそれをするだけです。
問題は、何をするのか?ですよね。

気になる方は、当社へお問い合わせください!

ホームページを診断します

それからこれ、やり方を変えると求人応募者数も上げられます。
最近の求職者さんたち、スマホで求人サイトを見ますよね、その後の行動を考えれば、何をしたら良いのかが分かりますよ。
知りたい方は、当社へお問い合わせを~!

売り上げがアップ!!

事実、ホームページで売り上げを上げている企業様はあります。

期間も半年から1年半くらいで、売り上げを2.5倍から5倍に上げた例も。
求人応募者数も3倍になった企業様もいらっしゃいます。

私たちは、そんな会社をサポートしています。
どうやって?
気になる方は、当社へ問い合わせてください!

マーケティングから考えるWEB制作、ジョイントフォース株式会社!!

営業について-日々是反省-

営業について-日々是反省-
初めまして、月曜担当のMです。
私は、営業担当です。
基本的に外回りでお客様先に毎日出向いております。
最近、やっと暑さも弱まってきて助かっております。

 

私は通勤も外回りも電車を利用しております。
駅でも道路でも歩きスマホをしている方が多くて体当たりされそうになることが、毎日のようにあります。

先日は、歩きノートパソコンの方がいました。

びっくりすることもありますよね
※びっくり!!

チラッと横目で見たところ、もの凄い勢いでタイピングしていました。
歩きスマホが問題になっているこの時代、歩きノーパソ…
電話で連絡しないのでしょうか…
しばらく、なぜ歩いてまでノートパソコンでメールを打たないといけない状況になったのか想像しましたが結論は出ずじまい。

そのままお客様先へと向かいました。

話は変わりまして、営業について語ってみたいと思います。
もともと、営業職に就きたくて営業を始めたわけではなく、大学を卒業後、入社した会社で営業部に配属されただけのことです。

私は、子供のころから人見知りで特に初対面の人が特に苦手です。(これは今もって変わりません)
なので、ビジネス交流会などにも参加しますが、とても苦痛です。
ビジネスなんだからしっかりやれよって感じですが、苦手なものは苦手です。
そんなことで営業が務まるのか?って思われますね。

ですので、こちらからあまり話しかけたりしません。(ダメじゃん)
子供のころから、話しかけたりせずに
みんなの話を聞いていましたね。
そうすると、そのコミュニティーの相関関係がよくわかるようになります。
子供同士でも大人たちの集まりでもそんなスタンスでした。
いやな子供ですね。

空気を察することが大事ですよね
※空気を読むことって、なんだかんだ大事ですよね

ですが、営業に結構役立っている気がします。
特に商談相手が複数の場合、相手の相関関係を気にしますね。
役職の上下、社長と奥様、社長と従業員といった場合、必ずしも上下関係の上の人に決定権があるとも限りません。

社長にばかり、話をして理解を得ようとすれば
実務担当の従業員が、「実際に使うのは、俺だぞ!」とへそを曲げて
私が、帰った後に「あの商品はあまりよくありませんよ」などと社長に否定的なことを言われてしまうかもしれません。

なので、相手に合った内容をそれぞれ話すことが重要かなと思います。

新規開拓の営業を始めたころ、とある企業様の社長と奥さんに納得して頂き、契約書を作成の最中、ちょうど出勤してきたパートのおば様にある事ない事を言われ契約書を破られたことがありました。

びっくりすることもありますよね
※びっくり二回目!!

契約書を破られて(情けない、、、)帰り際にそのおばさんに
「なんかごめんなさいね、私のせいでこんなことになったみたいで」と言われ
なんとも言えない気持ちになっことを思い出します。

でも、このことがきっかけで色々と知識をつけたり場数を踏んだり、そういった経験もあってか売り上げを上げられるようになりましたね。

そこから、原因は自分にある、日々自分を見つめなおしマインドを変えたことによって、メンタルとスキルが向上したと思います。

どのような案件でも、上手くいかなかった際は
自分の何がいけなかったかを考えると、絶対にあるんですよね、原因が。
こじつけでもいいから見つけるようにしてます。

営業に限らず、人との付き合いや人材の採用でもそうです。
最近は、アルバイトさんを雇い入れることも増えましたが、なかなか苦労することもあります。
その問題点も原因が、必ず自分の至らなさにあるなと痛感しております。

常に改善と反省でやっている今日この頃であります。

歩きスマホはしません!!マーケティングから考えるWEB制作、ジョイントフォース株式会社!!